映画 裸のいとこの監督についての情報

日本映画の裸のいとこは、2013年11月16日に公開された映画で、佐々木心音さんや湯江健幸さんが出演し、監督は大鶴義丹さんが務めています。
大鶴義丹さんは俳優として有名ですし、監督としても活躍していますが、脚本やラジオも手掛ける事によって、多彩な才能を発揮する人物です。
裸のいとこは借金を被災地の関係を含んだ映画で、大鶴義丹さんは裸のいとこ撮影時点では既に経験が豊富ですし、才能を活かし映画を撮影する事により、完成して公開に至っています。
1988年の作品に出演して以来、現在まで俳優として経験を積んでいますし、俳優の経験を活用して1995年からは作品作りに関わる事となります。
作品の知名度は比較的低くこれからですが、経験が積み重なり作品作りの環境が整う事で、今後の作品に更なる期待が起こります。
裸のいとこもその作品の一つですから、才能ある人物として今後も期待がありますし、ドラマの出演や俳優業と共に、活躍の場が発展する事を望まれます。
全編130分の裸のいとこは、DVDやブルーレイで販売されていますから、作品を目にする機会はありますし、作品を見て評価する事が大切です。
欲望のままに他人を弄んだ主人公が、社会的な地位がどん底まで落ちた状況で、多額の借金を抱えた状態で被災地に身を寄せる所から物語は始まり、ボランティア活動に参加する事で穏やかな生活を望みその後の展開に続きます。
登場人物の設定や舞台背景に興味がある場合は、作品を鑑賞すると監督の才能を再認識出来ます。