裸のいとこはレビューサイトでの評価の高い映画

裸のいとこは2013年の11月に公開された日本映画です。公開当時に劇場で見逃したなどの理由から、映画をレンタルDVDなどを利用して見るという人がたくさんいますが、日本で作られた映画だけでも毎年かなりの本数が公開されており、さらに海外の作品を加える大変な数に上るため、どれを選べば良いかと迷うことも少なくないでしょう。そんな際に役立つのがネット上のレビューサイトです。作品を実際に見た人からの生の評価を聞けるので、制作サイドの宣伝だけではわからない部分まで知ることができるため、作品選びにはとても参考になります。裸のいとこはそんなレビューサイトでも高い評価を得ている作品なので、一度見てみる価値のある作品と言えます。
裸のいとこの監督と脚本を務めているのは、数々のテレビドラマや舞台などで俳優として活躍している大鶴義丹です。俳優だけでなく監督や作家などクリエイターとしての顔も持っている彼が、1年半もの時間をかけた福島県南相馬市のロケにより作り上げた意欲作がこの作品です。大きな借金を抱え、南相馬にいる叔母の元に身を寄せた主人公と、叔母の娘であるいとこの女性との間に芽生える愛情と欲望の物語が見どころの、新感覚のラブストーリーとなっています。
主人公を演じるのは監督と親交があり、様々な作品に出演してきた俳優として、またデザイナーや歌手としてマルチに活躍している湯江健幸です。ヒロインを演じるのは映画初出演となる佐々木心音で、不思議なオーラを持つという難しい役を見事に演じ切っています。