映画 裸のいとこのあらすじについて

映画の裸のいとこは、監督を大鶴義丹さんがされている映画です。出演されているのは、佐々木心音さん、湯江健幸さん、久保田悠来さんなどです。裸のいとこのあらすじですが、金や女、名声などのあらゆる欲をもてあそんできた実業家の男があっという間に奈落の底に堕ちてしまいます。この男役は、湯江健幸さんがされています。さらにその男は多額の借金を抱えてしまうのです。多額の借金をしたことで男は身の危険を感じます。男は忽然と姿をくらまし、福島県南相馬市の叔母の家に身を寄せることになります。福島県南相馬市でその男は、被災地の復興作業をするボランティアとして静かに暮らすことをのぞむのです。しかし、その場所で男はたくさんの天真爛漫に生きる人に出会うのです。そのような天真爛漫な人たちと関わるうちに、再び男の欲望がうずき始めるのです。さらに、福島県南相馬市の叔母の家には、叔母の娘がいます。この娘役を演じるのは、佐々木心音さんです。この叔母の娘にはとても不思議なオーラが漂っているのです。この娘と一緒に暮らすうちに、男はその娘の型破りだけれども純粋な愛情に触れていきます。その娘の影響もあり、男は人間としての再起を願うようにもなるのです。しかし、歯止めのきかない欲望が臨界点に達したときに、忘れかけていた現実が男に襲いかかってくるのです。裸のいとこは、巨額な借金を抱え、福島県南相馬市に身を寄せた男が見た壮絶な人間たちと、不思議なオーラを持つ娘が描かれています。